2012년 8월 20일 월요일

肌も ‘呼吸すること’が必要だか?



ハリウッド映画俳優レアMichelは最近インタビューを通じて自分のきれいな肌の秘密を明らかにしたがその秘密はすぐ “肌が呼吸することができるようにしてくれること”だった.

Michelはインタビューで “マスカラをちょっと塗るなど化粧品使用を減らすことも肌健康のために役に立つことができるが個人的には肌が隠れるよく休むことができるように多くの努力を傾ける方だ”と伝えたし “他人達に見える姿よりは肌がどのようにすれば隠れるよく休むことができるかどうかに神経をもっとたくさん傾ける方だ”と付け加えた.

週末に寝巻き身なりに素顔で一日中過ごすこと位気持ち良い事もないと思うが本当にこんなに顔に何も塗らないことが肌を ‘呼吸するように’作って元気にさせるのに役に立つことだろう?

有名皮膚科専門医パップ里サルカルとともに ‘肌呼吸’に関して調べるようにしよう.

Q: メーキャップをしなければ肌健康にいっそう役に立つということが事実か?

A:
メーキャップを全然しないことが肌健康にどの位役に立つことは事実だ. 特に敏感な肌を持ったとかにきびがたくさん生じた人々ならメーキャップをしないことが良い.

メーキャップが肌健康を台無しにすると話をする理由はメーキャップ製品の中に含有された人工香り, アレルギー成分, 保存制, オイル成分が肌健康を台無しにする主要原因で指折り数えられながらこんな成分たちが肌の中毛穴を阻んで吹き出物やにきびができるようにするからだ.

しかしメーキャップを毛穴の中までこぎれいで完璧に消すことができたらこんな心配はしなくても良いでしょう.

メーキャップをよくする人なら洗顔専用製品を使って税収を一日に二度位してくれた方が良くて運動までする人なら税収をよくするのが肌健康を守るのに役に立つでしょう.

もし必要だったら角質除去製品を使うことまた肌に残っているメーキャップ残余物をきれいにとり除くのに役に立つでしょう.


Q: 肌が本当に ‘息’を休むか?

A:
実は肌一番外階は角質すなわち死んだ細胞たちで成り立っているから ‘肌が息をする’と言う表現は当たらないことで見る.

人々が普通 ‘呼吸する肌’を話す時何かが肌表面を覆っているかないかで決める場合が大部分だ.

何かが肌を覆っていればにきび, ホワイトヘッド, ブラックヘッドなどが肌表面に現われることもできて肌が悪どくなった感じがすることもできる.

特にメーキャップをした後にまともに消さない生活を引き続いたら肌表面ですぐトラブルが起きるでしょう.

肌の角質層の下にある ‘本当’肌は必要な酸素と営養分を血液または肌に直接的に使う各種製品たちから供給受ける.

そうだから肌健康においては普段どれを食べて飲むかどうかが肌にどれを塗るのか位重要だ.


Q: この前にはメーキャップ製品たちが肌が ‘呼吸すること’を邪魔したか?

A:
歳月が経ちながら化粧品を構成する要素たちもとても多様になって変化を経った. 例えば 2004年イギリス南部地域では 2,000年が過ぎたことに推定される小さな軟膏が一つ発見された.

この軟膏は動物地方, 澱粉, 酸化柱石を交ぜて作られたがその時代にはこれをファウンデーションで使ったはずだと仮定している.

個人的にはあんな成分で作られたファウンデーションを絶対毎日使わなかったはずだ. 材料の成分だけ見ても毛穴を阻んでにきびができるようにして良くないにおいもしたような気がする.

肌美人が真正な美人という話をしたりする. メーキャップ製品たちが肌健康を台無しにするという考えが支配的ではあるが完璧な洗顔さえしたらいくらでも肌健康を守ることができる.

ビューティーに関する多様な話.

댓글 없음:

댓글 쓰기